K3その後

3月24日に本国に強制送還したK3(#1070)が39日ぶりに返ってきたのがGWの5月3日、修理レポートには「RFボードを交換しすべての特性が公表している値以上であることを確認した」と記されていたので、ワクワクして7メガのアンテナを繋いで電源を入れましたが、なんと不具合はまったく治っておらず、愕然。 しばらく何もする気にならなかったのですが、気を取り直してエレクラフトの修理担当者に治っていないことを連絡しました。 担当者は症状を教えてくれというのですが、修理前とまったく同じなので、修理前のやり取りをそのまま再送したら、それきり返事がなくなりました。 今度はセールス担当者に新品と交換して欲しいと連絡しましたが、これにも返事が来ません。
業を煮やして、社長の二人にメールで状況を訴えました。 社長で技術担当のWayne K6KRは深夜、早朝、休日にもかかわらず実に迅速に親身になって話を聴いてくれました。彼も自社の修理担当者の技術には自信を持っていて、簡単には非を認めません、あれを確認してくれ、これをやってみてくれといろいろメールで指示をしてくるので、最後は少しイライラしてしまったのですが、彼の指示通りすべてやってやはり不具合が治っていないことを彼も理解してくれ、新品と交換してもらえることになりました。先週の金曜日に現地発送、昨夜到着。 S/Nは3050.購入してからまだ10ヶ月しかたっていませんが、S/Nは約2000も増えています。
昨夜、さっそく受信してみたら受信は良好で満足。さて送信してみようとパドルをつないでみたら、おかしな音が出て、ENDの表示が・・・なんじゃこりゃ?
リセットしてConfigしなおしても同じ、送信しようとするとENDが・・・
万策尽きて、急いでビデオに収録してWayneにメールして、寝ました。
翌朝WayneからメールでF/Wが届いておりそれをインストールしたら送信できるようになりました。 どうやらバンド制限がかかっていたようです。
今夜100Wで数局とQSOしましたが問題なく動作しています。
今回は、相当な時間と労力、それにお金も使う羽目になってしまいました。
たまたま私のつかんだ装置に問題があったのでしょうが、海外の友人経由並行輸入した手前、日本の代理店に泣きつくこともできず、苦労しました。
そういうリスク込みで現地価格できたのだから納得しなければなりませんが、良い勉強になりました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ja1nut

    良かったですね。期待していただけに失望の思いが強かったことでしょう。でも、粘って、結果良しで何よりでした。それにしても、売れているんだ・・・。

    ところで、Wayneのコール、K6KRじゃなく、N6KRかと思いますが。
    2009年05月21日 23:50
  • Atsu

    Shinさん ありがとうございます.コールN6でしたっけ,失礼しました.
    2009年05月22日 00:03
  • JG2GSY

    長い間お疲れさまでした。どうなることかと心配していました。結果的に正常の K3 を手にされた訳ですが、それまでのご苦労を考えると、残念ながら「良かったですね」とは言えません。私もよく個人輸入をしますので、トラブルの際は本当に神経をすり減らします。差し支えなければ、お時間のあるときに、今回の顛末記を書いて頂けませんか。多くの人の参考になると思います。

    ところで、K3 (#1070) は返品したのですか。お手元に残っているようであれば、どこが悪かったのか徹底的に調べてやるとか。それも空しいだけかもしれませんが。
    2009年05月22日 00:05
  • もち

    やはり予想どうり強制送還になってましたね。
    まあ、紅毛人との折衝の経験は貴重だからよかったのでは?
    2009年05月22日 01:25
  • ja1nlx

    最初のものは何が原因だったんでしょうね?

    バンドを外れて送信しようとすると"END"が表示されることに初めて気がつきました。FWは最新ベータ版の03.14ですが。
    2009年05月22日 06:58
  • Atsu

    JG2GSYさん 古いK3はこの週末に返却の手続きをする予定です。Wayneも原因を究明したいといっています。(1回目の修理で気がつかなかったこともショックだったのでしょう)

    もちさん はい、久しぶりにコレポンのやりとりをしました。あの会社は社長、特にWayneの人柄がいいですね。ビジネスライクではなくて、趣味を同じくする相手の気持ちを汲んで対応してくれたのでうれしかったです。

    ja1nlxさん 送ってくれたFWは03.15でした。
    2009年05月22日 08:38
  • ny6x/jn1rvs Nao

    Atsu-san,
    とんだ災難でしたね。デイトンのブースではWayneの質問に熱心に耳を傾け親身に回答している姿に心打たれました。
    2009年05月22日 11:41
  • まさぴー

    ご苦労様です。
    これは、典型的な技術バカになってしまった修理屋なんでしょうね?
    机上検討や測定器だけで片付けている模様なので。

    日本の企業も同じようなものですけどね。

    2009年05月22日 12:39
  • ron

    Atsuさん、良かった?ですね?
    どのような内容の差なのか解りませんが、それだけハッキリした不具合が、一旦送ったのに解らず、何だったのかメーカーでの解析結果に興味がありますね?
    まずは「気持ちすっきり!」おめでとうございます。
    2009年05月22日 14:22
  • masaG

    Atsuさん、とりあえず、良かったですねとしか言えないのですが。
    Wayneを相手に対応できて、ほんとに良かったです。
    今まで以上に、アクティブに電波出してくださいね。
    2009年05月22日 17:56
  • ust

    私のK3はフロントパネルを交換しました。
    その時は雷が原因ということで新しいFPに300ドル払いました。今ひとつ腑に落ちないところもありますが、やりとりもふくめて勉強代と思うことにしました。
    Wayneを引っ張り出すとはやりますね。
    2009年05月22日 22:02
  • Atsu

    皆様 コメントありがとうございました。
    今回の不具合は、室内の測定系だけのテストではわからないことがちょっとした屋外アンテナを繋ぐだけでわかったと思われます。修理の途中経過を何も教えてくれないのでアンテナを繋いでみてほしい等のリクエストができなかったのが残念です。
    2009年05月23日 23:17
  • UBL/Ken

    OAMはK3でしたか? K3の帰国祝電
    を送ろうと思いましたが電文が思いつかず
    PWRを送りました.
    FW3.15は公開されたモノより新しいですね。
    Atsuさん向けバージョン?
    2009年05月24日 05:01
  • Atsu

    Kenさん ありがとうございます.OAMはFT2Kだったと思います.FW3.15ですが,3.14と何が違うんでしょうね.
    2009年05月24日 06:46

この記事へのトラックバック