伝心庵だより

アクセスカウンタ

zoom RSS ANT組立準備

<<   作成日時 : 2017/11/03 19:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

明日、台風21号、22号の襲来で2週続けて悪天候に見舞われたかわいそうなサラリーマンは明日ようやく台風21号の余波でぶっ壊れたANTの状況を確認するため庵に行けそうです。
庵に行ける日が限られているため、ANTを手復旧し延期している無線局変更検査を再度受けられるようにするため、代替ANTを3本準備中です。
1つは3.5MHzのフルサイズDPでこれを作るためKW対応の1:1バラン COMET ANTENNAのCBL-2500を新調しました。 
あとの2つは先日ブログにも書いた、MA160Vというアメリカ製の160mバンド用Verticalアンテナ、もう一つはmにマルチアンテナのWARC BAND Rotary Dipole RN3DXです。
今日は、明日に備え車で運べる程度に予備組み立てをしました。

画像

写真の上の箱が米国DX Engineering社から届いた箱、下が和歌山から届いたミニマルチアンテナから届いた箱。
写真ではわかりにくいですが、実物見るとその質の違いが歴然です。
まず外装箱の段ボールの質が日本製はとてもきれいで、しかも二重(縦横)の針金で封じられています。
中の緩衝材も、米国のほうは雑紙が隙間に入れてあるだけ、パイプは裸のまま、ネジ類の小物は大きなビニール袋にゴっチャリ入っていて整理するのに苦労します。
一方日本製、パイプはビニール袋で個別包装されていて、隙間には発報スチロールの緩衝材がいっぱい詰められていました。
部品も用途別に小分けされていて、すぐに必要な部品が取り出せます。

画像

個別包装された日本製のパイプ

画像

日本製のアンテナのネジ類は用途別に小分けされている


現地ですぐに上げられるよう、今日はANTの予備組み立てをっ取り早く確認するた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ANT組立準備 伝心庵だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる